期間限定で賃貸にできる|リロケーションサービスは不在でも安心

保証人なしで賃貸契約

男の人

保証人の代わりになります

アパートや貸家などに入居するとき、通常は保証人を立てるのが慣例です。しかし現在では、高齢者世帯、保証人がいない単身世帯、子育て世帯、あるいは外国人世帯などが増えてきました。入居者からしても保証人がいなければ部屋に入れませんし、貸主からしても部屋を貸すことができず不便です。そこで近年広がっているのが家賃債務保証会社です。これは家賃債務保証会社や財団法人などが、賃貸契約をする際の保証人になるという仕組みです。これによって貸主としては安心して部屋を貸すことができますし、家賃の滞納リスクにも対応することができます。また借りる側からすると、保証人がいない高齢世帯や親戚のいない世帯でも部屋を借りることができるようになるというメリットがあり、社会的にも意義のある仕組みになっています。

借主貸主双方にメリット

家賃債務保証契約を結ぶ際には、家賃債務保証機関が貸主と借主の両方と契約を結ぶという特徴があります。万が一借主が家賃を滞納したような場合は、家賃債務保証機関が貸主に一定期間分の家賃を支払います。支払った分はあくまで立替払いですので、保証期間が借主に請求することになります。つまり家主に代わって取り立て業務を代行してくれることになります。また借りる側からすると、保証人になってもらう代わりに、保証機関に対して一定の保証料を支払います。この条件は様々ですが、一般的には家賃の何割かを家賃債務保証機関に支払うことになります。また家賃債務保証を利用して契約し一定期間滞納をしなかったという実績があれば、次の更新からは保証料を値引きしてもらえるという場合もあります。