期間限定で賃貸にできる|リロケーションサービスは不在でも安心

アパート経営の成功の為に

PC操作

管理会社は比較して選ぶ

アパート経営をしているオーナーにとって良い賃貸管理会社と契約する事は、経営が上手く行く事と同じだと言っても過言ではないでしょう。オーナーにとってはアパートの清掃や設備の管理、或いは退去後の原状回復なども大切な仕事ですが、空室にしない事が最も重要になります。賃貸管理会社に入居の募集能力がなかったり、空室が埋まらない時の提案力がないと、家賃を下げる事や設備を新しくするという方法で入居者を入れようとします。このような方法でしか入居者を募れないのなら、賃貸管理会社を変えるのが良いでしょう。賃貸住宅のオーナーはそもそも賃貸管理会社を選ぶ時に、その会社の持つ利点や強みなどを考慮して、複数の会社を比較してから選ぶべきです。

会社選びには調査を

アパート経営をする上で何もかも賃貸管理会社に任せてしまうのは危険があります。オーナーは入居者に長く住んで家賃を払い続けてもらうのが経営の安定に繋がりますが、管理が悪いとクレーム対応が遅れたりして退去の理由になる事もあります。部屋の設備や退去後の回復費用がどれ位なのか、空室の募集やそのリスクのコストがいくらになるのかを把握していないと、収支が悪化していく恐れがあります。昔のようにどんどん家賃を上げていくという時代ではありませんから、アパート経営にも工夫が必要です。賃貸管理会社は経営のパートナーになるのですから、選ぶ時には幾つかの候補を選んで管理の状態や空室率を調べる事も必要です。収支を上げるためにより良い会社を探すことをお勧めします。